食べる物によっては、ニキビを悪化させたり改善したりする

食べる物によっては、ニキビを悪化させたり改善したりする

まず、ニキビには2種類あり、思春期にできるニキビと大人になってからできるニキビがあります。

 

思春期にできるニキビは皮脂が過剰に分泌することにより、毛穴が詰まってしまうことで起こります。
そして、その詰まった皮脂がアクネ菌のエサとなり増殖してしまうのです。

 

次に大人になってからできるニキビは、生活習慣の乱れやホルモンバランスが崩れることによって起こります。
また、毛穴に化粧品が詰まったり、紫外線など外からの刺激によってニキビができることもあります。

 

このように、この2種類のニキビができる原因は少し違いますが、実はある共通点があります。
それは、食べ物です。

 

食べる物によっては、ニキビを悪化させたり改善したりすることができるのです。

 

ではまず、ニキビを改善する食べ物についてです。
主に野菜や果物、大豆製品などに含まれている、ビタミン類や良質なたんぱく質に効果がみられます。

 

これらには、傷ついた皮膚を修復したり、過剰な皮脂の分泌を抑えたり、肌のターンオーバーを正常に戻したり、ホルモンバランスを整えてくれる働きがあるからです。
また、食物繊維も含まれているので、腸内環境を改善する働きもあるので便秘解消にも繋がります。

 

次に、逆に食べ過ぎるとニキビを悪化させてしまう食べ物です。
それは、糖分です。
糖分を摂取すると、肌の修復を助けてくれるビタミンB群を大量に消費してしまうため、ビタミン不足になってしまいます。
しかも、糖分は過剰に摂取することで消費しきれなかった糖が全て脂肪になり、過剰な皮脂の分泌にも繋がってしまうのです。
なので、お菓子が好きな人は特に要注意です。

 

次に油分です。
油分もまた、たくさん摂取してしまうとで過剰に皮脂が分泌されてしまいます。
また、油の中でも酸化した油は特にニキビができる大きな原因にもなってしまうので要注意です。
なので、摂取するなら良質な油を摂ることが大事です。

 

このように、思春期ニキビも大人ニキビも食べる物が大きく関わっています。
なので、ニキビを改善させるためにも、体に良い食べ物とバランスがとれた食事をすることが大切です。