アルガンオイルは肌だけでなく髪にもアンチエイジング効果をもたらす

アルガンオイルは肌だけでなく髪にもアンチエイジング効果をもたらす

バラエティーショップの美容品コーナーや化粧品専門店に行くと、多くの場合アルガンオイルが販売されています。

 

 

アルガンオイルはアルガンツリーという植物の種から抽出されたオイル。アンチエイジング効果が期待されており、エステサロンのマッサージオイルとして用いられることがあります。アンチエイジング効果の理由はビタミンEが豊富に含まれていること。肌の老化は肌細胞の酸化によって引き起こされます。ビタミンEにはその酸化を防ぐ働きがあるのです。

 

 

アルガンオイルにに含まれるビタミンEの量はオリーブオイルのおよそ3倍。アルガンオイルにはパルミチン酸、ステアリン酸といった成分が含まれており、いずれもビタミンEと同様抗酸化作用があります。スキンケアにアルガンオイルを用いる場合、化粧水も何も付けずにそのままアルガンオイルを塗布するという方法があります。化粧水の代わりにアルガンオイルを付ける形になります。

 

 

洗顔後や入浴後に適量を手に取り、肌に馴染ませます。顔に付ける前に手のひらの熱で温めておくとより肌馴染みが良くなります。アルガンオイルに含まれるビタミンEは保湿効果も持ち合わせているため、肌の水分補給に役立てられます。顔だけでなくボディに使用することも可能です。アルガンオイルは肌だけでなく髪にもアンチエイジング効果をもたらし、抜け毛や白髪を予防します。

 

 

抜け毛や白髪の原因は頭皮の血行不良。それを改善するのがアルガンオイルに含まれるオレイン酸。アルガンオイルを使い頭皮マッサージを行うと頭皮の血行が促進され、健康な髪の育成がうながされます。保存できる期間が長いのもアルガンオイルの特徴の1つ。未開封で2年は保存可能です。ビタミンEをはじめとする抗酸化作用のある成分が含まれていることから、アルガンオイル自体酸化しにくいのです。

 

 

しかし酸化の要因となる空気、光、熱を避けることが必要です。ビンの蓋をしっかり閉め、直射日光の当たらない涼しい場所で保管しましょう。